肩こりの原因は更年期障害や高血圧にもあった!

肩こりの原因は数十種類もありますので、人により本当にさまざまですが、その中でもまず4大原因として、

・ 同じ姿勢

・ 眼精疲労

・ 運動不足

・ ストレス

が挙げられます。


しかし、ここ近年では、それ以外の大きな肩こりの原因として、

・ 更年期障害

・ 血圧

などにも、注目が集まっています。


まずは、「更年期障害」と肩こりの関連性について、お話しすることにしましょう。


更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少することにより、血流が悪くなります。筋肉の血流が低下すると、筋力が弱まり、酸素不足や栄養が上手に行き届かなくなり、筋肉が硬くなります。そこに加齢からくる筋力の衰えも重なることにより、肩こりが起こりやすくなると、考えられます。

更年期障害による肩こり対策としては、運動により筋肉の緊張をほぐしたり、肩を温めることにより滞った血行を促したり、肩こりが特にひどい時は、なるべく肩に負担をかけないよう心掛けることが大切となります。


次に、「血圧」と肩こりの関係についてです。


まずは低血圧ですが、こちらは血流の悪さが原因とされています。

気を付けるべきは、高血圧です。

高血圧にはいくつかのタイプがあります。例えば動脈硬化から血管が狭くなり生じるもの。そして、日常的なストレスから生じるもの。

血圧の高さから血流が悪くなり、肩こりを生じます。これまでになかった方が肩こりを生じたり、これまで肩こりがあった方がよりひどくなったというケースでは、一度血圧測定を受けてみることをお勧めします。それが高血圧の早期発見になりうるかもしれません。


運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ
自宅ではじめるアンチエイジング| プラセンタ辞典 水素水ナビ

肩こりの原因と解消方法について紹介しています。

Copyright © 2010 肩こりの原因と解消方法 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。